Event is FINISHED

S級HR #2 事例で紐解く各社HR裏事情

Description


みなさん、「労務」という職業にどんなイメージをお持ちでしょうか。 「勤怠管理」や「給与計算」といった定型的な作業をする職種に思われることも多いかと思います。


我々は、コーポレート部門の仕事は経営資源(人材・お金・情報・時間・知的財産)の獲得・適切な運用を、経営陣と連携して実践することだと考えていますが、中でも労務は「ヒトの運用」の専門家であるべきだと考えています。

この時代に大切なことは、実は「今いる社員の能力を最大限に生かすこと」だと我々は考えていますが、その実践に、一番近い位置にいるのが労務の人たちではないでしょうか。

これまで経営者の理解が薄かった労務の仕事ですが、社員の力が生かされる環境を整える「S級」な「労務(HR)」の注目度が上がっています。

そんな「S級HR」の第2回目は、「個々の事例」に注目しました。

「人事の担務領域が広がっているが、何から手を始めていいかわからない」
「他社がどういった取り組むを始めているのか気になる」

といった意見をお持ちのHRの方々に、業界を牽引する「S級HR」担当者が、「自社で取り組んでいたり、過去実施したHR事例」にスポットを当てて、裏事情を交えながらHRのこれからを語ります。


【当日の流れ】

  • 19:00 : 開場 ※ 入館手続きや移動で5分強かかりますので、余裕をもってお越しください
  • 19:30 : 開演 〜 イベント「S級HR」のご説明 & 各社のS級HR事例紹介
  • 20:30 : パネルディスカッション
  • 20:50 : ネットワーキング ※軽食&ドリンクをご用意しております。
  • 21:30 : 終了


【登壇者(敬称略)】

■森 謙吾
ピアリー株式会社代表取締役

慶應義塾大学法学部を卒業後、PwCコンサルティング合同会社に入社。 人事コンサルティング領域に従事し、製造・小売・通信・金融等の大手企業に対して、人材マネジメント戦略策定および人事制度構築、役員報酬設計、残業削減・退職率低下、などのプロジェクト実績を有する。

現在はピアリー株式会社を創業し、急成長スタートアップにおける従業員のエンゲージメント・心理的安全性を高めるコンサルティング及びHRテックサービスの導入を行っている。

■西村真陽
株式会社ディー・エヌ・エー
健康経営アドバイザー (東京商工会議所)
ダイエットアドバイザー

同志社大学商学部卒。学生時代から古今東⻄のあらゆる健康法や食事の研究と実践に励む。中でも世界最古の医学「アーユルヴェーダ」に心頭し、単身スリランカへ。瞑想とヨガに明け暮れる。2016年、DeNAに新卒入社。ヘルスケア領域の事業開発と健康経営を推進。ダイエット指導や健康・ライフスタイルに関する講演も行う。

■長谷川慶
筑波大学大学院システム情報研究科社会工学主専攻組織行動研究室
Soshikiz CEO
ピープルアナリスト

筑波大学で従業員のモチベーション、意見行動に関する研究(組織行動論)。全員副業or学生のメンバーを集め、従業員のメンタルヘルスの可視化(Slackの分析)ツールを開発中。インターンとして、人材紹介会社で学生企業間のマッチングアルゴリズムを生成経験も。2019.4~株式会社メルカリでピープルアナリスト予定。

■大久保慧悟
ディップ株式会社 
次世代事業準備室/サイコロLab.
データサイエンティスト/リサーチャー。

2016年にディップに新卒入社。人事領域におけるピープルアナリティクスをメインに、面接評価・採用・定着支援などの分析プロジェクトを立ち上げ奮闘中(社内政治含)。HR Tech事業での失敗の経験も。趣味は、紙データの手入力作業・宝塚歌劇。現在、会社員大学院生として社会心理学を専攻。困難を乗り越える心のメカニズムを研究中。


【登壇者兼モデレーター】
■鎌野里樹 株式会社O: COO

慶應義塾大学商学部在学中、サイバーエージェントで新規事業を立ち上げ、ベンチャー企業のCMOを歴任し、GREEでデータサイエンティストを務める。

現在、睡眠衛生を基にした従業員のコーチングアプリと、その睡眠状況から組織の生産性を分析、改善まで実施する分析システム「O:SLEEP」(https://o-sleep.com/)を展開、企業の「メンタル不調の早期発見(3次予防も提供)」「組織の生産性可視化/改善」「休退職者の削減」を支援している。
現在、睡眠衛生を基にした従業員のコーチングアプリと、その睡眠状況から組織の生産性を分析、改善まで実施。
Tue Mar 5, 2019
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般枠 SOLD OUT ¥500
note枠 FULL
Venue Address
港区六本木3丁目2−1 六本木グランドタワー31F Japan
Organizer
S級HR
201 Followers

[PR] Recommended information